グレートライフ

あなたの人生を彩る 絶景・世界遺産・動物達・アーティスト達・・・この素晴らしい地球を旅行する!グレート情報サイト

チンパンジー

ずっと会いたかった。今までありがとう!高齢のチンパンジー、最後の力を振り絞り最愛の友に心からのハグと頭をポンポン(オランダ)

f976de8f

オランダ、アーネム市にあるロイヤル・バーガーズ動物園のコロニーを取り仕切っていたメスのチンパンジー、ママは昨年この世を去った。享年59歳。チンパンジーの寿命は平均50歳ということを考えると大往生だ。

 彼女がこの世を去る直前に見せた仕草が、せつなくてあたたかく、尊い姿であるとして今だ反響を呼んでいる。

 高齢と重い病で死期を覚悟していたチンパンジーの「ママ」。余命わずか1週間に迫っていたある日のことだ。

 彼女が心から愛してやまないある人物がお見舞いに現れた。
続きを読む

涙なくしては語れまい!20年以上前に自分を救い出してくれた人間と再会。目に涙を浮かべ全身全霊で喜びを表すチンパンジー

7f05ff51

1974年1月のある朝、研究所で飼育されていたチンパンジーたちに冷たい鉄の檻から外に出て草むらの上を走るチャンスが訪れた。

彼らは6年ぶりに太陽の光を見た。だがあまりにも長い監禁生活は、彼らを臆病にさせていた。

 「かなり怯えて搬送用の檻から出ようともしませんでした」と世話係だった動物学者リンダ・コーブナー氏は、1999年製作のドキュメンタリー『The Wisdom of the Wild(野生の知恵)』でそう語っている。

 「草の上に足を乗せるのが怖かったのかもしれません。何年も固い鉄棒にしか触れたことがなかったんですから。あるいは風や太陽が怖かったということもあるでしょう。入り口のところで身を縮こまらせて、出てこようとはしませんでした」
続きを読む

【感動】チンパンジーをわが子のように育てる母犬

2e2ca999-s


こちらのチンパンジーは母親が育児を放棄したため、飼育員が仕方なく引き取ったそうです。

飼育員の家には犬がいたのですが、犬たちはそのチンパンジーを受け入れ、

母犬はわが子のように育てているそうです。

もちろん、自分の子供ではないと理解しているはずですが、

動物にも人間と同じく小さな子供への愛情を感じているのでしょう。

 

そんな心温まる赤ちゃんチンパンジーと犬たちの生活の画像集をご覧下さい。

 

続きを読む
最新記事
記事検索
楽天市場
楽天市場
最新記事
ブログランキング