4d7bc076

 救急医療の現場が一変するかもしれない。縫合しなくても皮膚や臓器の傷を塞ぐことができる外科手術用接着剤が開発されたのだ。

 この接着剤はメタクリロイル置換トロポエラスチン(MeTro)というハイブリッド弾性タンパク質を基礎としたもので、体外と体内のどちらの傷にも使用することができる。



縫合なしに傷口を60秒でふさぐ

 国際的な開発チームによると、文字通り命の救い主になる力を秘めており、傷をたった60秒でぴたっと塞いでくれる。しかも内臓や皮膚の自然な動きを邪魔することもない。

 現段階ではマウスの動脈・肺やブタの肺など、動物実験でしか試されていない。しかしさまざまな状況で試験され、従来のシーラントでは対応できない問題にも有効であることが確認されている。これまでのところは非常に有望であり、人間による治験へ向けて着々と準備が進められている。




シリコンのような液体が傷口をもれなく接着

 研究に参加した米ノースイースタン大学のナシーム・アナビ(Nasim Annabi)博士によると、MeTroの利点は組織表面に付着するとゲル状に固まって垂れないことだという。

 塗りつけたら紫外線を照射して固める。それからさらに短光による架橋処理を用いて硬化させる。こうすることで患部に正確に使用した上で、組織表面の構造をしっかりとかみ合わせて接着させることができる。

 その使い勝手は、キッチンやお風呂場のタイルを貼る際に使用するシリコンシーラントにような感じだという。最初は液体のような状態で、傷口をその形状に合わせて埋めることができる。

45ab2293

 MeTroを用いた場合、治癒時間が従来の医療用ステープラーや縫合のそれに比べて半分に短縮するという利点もある。

 また手術に用いれば、施術をよりシンプルなものにできる。救急医療の現場ではスピードが命である。MeTroならば傷や肺の穴の処置に大きな威力を発揮することは間違いない。

73605a08

 分解性酵素が混ざっているために、傷の種類に応じて持続時間を数時間から数ヶ月まで自在に変えることも可能だ。また分解したからといって体内に有害な物質を残すこともない。

 病院ではもちろんだが、戦場のような場所における怪我人の治療にも大活躍することだろう。首尾よく開発が進み一般に流通するようになれば、救急隊などの初期対応者にとって必須ツールになるだろうと研究チームは期待する。





うざくま3