b8af5d93


勝者はその実力を過大評価される傾向にあるという。ゆえに彼らを真似するべきではないと専門家は警告している。

 数学モデルによると、実力が同程度であれば勝敗を分けるのは運の要素が非常に大きいそうだ。

 人生の勝者である世界最高の富裕層は、とかくお手本として参考にするべきだと思われがちだ。しかし英ウォーリック・ビジネススクールのチェンウェイ・リュー(Chengwei Lau )氏は、「彼らが優れていることは確かだろうが、最高のスキルを持っているかといえば必ずしもそうとは言えません」と話す。




勝者になるかどうかは運が大きく左右する

 リュー氏らが2012年に『Proceedings of the National Academy of Sciences』で発表した研究によると、突出したパフォーマンスを示す人物が最も優れたスキルを身につけているという見解は間違いだという。その理由は突出したパフォーマンスはしばしば例外的な状況で生じるものだからだ。

 すなわち最高のパフォーマンスを示した人物は、しばしば最も運に恵まれた人物であるということだ。彼らは富める者がさらに富めるダイナミクスの恩恵を受け、最初の幸運を増進させることができた人たちだ。

 一方、成功者は自分の成功が運によるものだとは認めたがらない。彼らを取り巻く人たちもそうだ。その結果、類まれな成功物語ばかりが注目を集めることになる。成功者は最もスキルに長けた人物であるとみなされ、その行動が模倣される。


本当に注目すべきは2位の人物

 リュー氏はむしろ「2位の人物に注目すべき」と述べる。

 この理論は、スポーツの世界でも当てはまる。昨年の優勝チームに賭ければ、シーズン序盤で負けるだろうことを示唆している。

 勘違いしないでほしいが、スキルや努力に何の意味もないというわけではない。だが運はそれ以上に影響するのだ。

 この場合でいう運は、持って生まれた環境も含まれる。


ビル・ゲイツの成功の影に家庭環境あり

cdcdce7d


 例えば、世界最高のお金持ちであるビル・ゲイツは上流階級の生まれで、そのためにプログラムを経験することができた。

 彼の世代でコンピューターを利用できたのはわずか0.01パーセントに満たない。母親はIBMの会長と面識があったため、ゲイツはPCのリーディング企業から契約を得ることができ、それがソフトウェア帝国を築くために決定的に重要であった閉じ込め効果を発生させた。

 「もちろんゲイツには才能と努力があり、それがマイクロソフトの傑出した成功に重要な役割を果たしています。でもそれだけでは不十分です。それなのに人は最も成功した人をお手本にしようとします」(リュー氏)


最も成功している人=最高のスキルではない

 彼の調査によれば、被験者に対しパフォーマンスを評価するうえで明確なフィードバックとインセンティブを与えたにもかからわず、58パーセントが最も成功しているが明らかに最高のスキルとは言いがたい人物を「最高のスキルの持ち主」と評価していたという。

 「そうした想定は失望を招くでしょう。仮にビル・ゲイツの何から何までを真似できたとしても、彼の最初の幸運までは真似できませんから」とリュー氏は説明する。

via:pnas / To be a winner, learn from ‘losers’/ translated by hiroching / edited by parumo

 ナンバーワンになる人は「(運を)もっている」人だ。なのでスキルはナンバー2以下の人の方が高いということもあるということだ。

 その世界でナンバーワンとなった成功者の本はとても良く売れていて、皆がこぞってそのやり方を真似しようとする。だが、そこには運が大きく絡んでいるということを、理解しておいた方がいいかもしれない。





うざくま3