53ba02c2

カナダのブリティッシュコロンビア州の小さな町の牧場で、牧羊犬として働く2匹犬のお手柄が話題になっている。

 マレンマ・シープドッグのタッドとソフィーは、今年7月初めに起きた大規模な山火事で、飼い主がやむなく牧場を避難した後も、約90匹もの羊をとりまとめ、そのほぼすべてを火災と害獣から守り抜いたのだ。

 困難な状況にあっても仕事を続け、なんと20日間も大切な羊たちを保護し続け、無事に生還した勇敢なペアに国内外から賞賛の声が寄せられている。


大規模火災で避難を迫られた牧場主

 今年7月6日、カナダ西部のブリティッシュコロンビア州で深刻な山火事が発生した。

 その火の手は同日夜、小さな町の郊外で牧場を営むリン・ランドリーさんのところにも迫ってきた。昼間は煙がみえる程度で、消防用水も使えたため様子を見ていたが、なんと夜になってそれが止まり、炎が目前に迫ってきたのだという。

避難前にランドリーさんが家から撮影した外の様子

a0fceb37


夫婦で牧場を営むリン・ランドリーさん
fadee382

 ところが90匹もの羊たちと牧羊犬はまだ牧場に残されたままだ。消防用水も使えなくなった今、これ以上ここにいては危ない。死は目前に迫っている。

 彼女は夫と考えに考えた。そして羊たちと牧羊犬のタッドとソフィーを残し牧場を立ち去るという苦渋の決断をした。

 ランドリーさんは、彼女の犬たちは何があろうとも決して自分たちの仕事を放棄しないことを知っていたのだ。

 家畜を守る性質を持つマレンマ・シープドッグの犬たちは、自分たちが動ける間は守るべき羊たちを離れて逃げることはまずない。


タッドとソフィーは普段から仕事熱心な牧羊犬だった
ef927e1c


羊たちは90匹もいたが、2匹に任せるしかなかった
cc692afe


 どうか無事でいてくれ・・・

 避難する際に、火災から逃れて家に戻ってくるであろう2匹のためにおよそ16kgのドッグフードを置き、2匹の無事を祈りながら車で立ち去った。



避難生活は20日も及ぶ、牧羊犬たちの安否が気がかり

 その山火事は、この地域で過去最悪のものとなった。翌日には非常事態宣言が出され、避難生活は思いのほか長引くことになった。

 ランドリーさんは2匹が心配で、帰宅の申請を出し続けたが許可が降りることはなかった。

 時折家畜に水を飲ませるために湖につながる道のゲートが開くものの、それはほんのわずかな時間で、家に戻って様子をみるほどの時間はなかった。

 結局彼らは20日間も帰ることができなかったのだ。


そして20日後...なんと彼らは生きていた!

 火災がある程度収まった。ランドリーさんはやっと牧場に戻ることができた。頭上では残り火を消すため、鎮火用の湖水を集めるヘリコプターが忙しそうに飛んでいた。

 気の毒なことに隣家は焼失していた。だが幸いにもランドリーさんの家は無事だったようだ。彼女が牧場に出てみると....

 羊たちの群れが!
 そしていつものように草原にたたずむタッドとソフィーの姿が!


 2匹は羊たちを守りながら無事にこの火災を乗り切ったのだ。

 20日ぶりの再会である。ソフィーとタッドはランドリーさんに気づくと、うれしそうにピッタリと身を寄せてきた。2匹の白い毛はすっかり汚れて黒ずんでいたが怪我などはしていなかった。

 羊たちを数えると、年老いていた1匹は見当たらなかったが他は全員無事だった。彼女はまず愛犬が生きていてくれたこと、そして素晴らしい仕事ぶりに感嘆し、心から感謝した。

ソフィーとタッドのおかげで羊たちは命拾いをした
c4234823


 「ソフィーとタッドは山火事だけでなく、熊やコヨーテから羊たちを守ってくれました。2匹がいなければ羊たちは生き延びることが叶わなかったでしょう」

生還した犬たちに賞賛の声が上がる

 ランドリーさんはお手柄の2匹に大好物の犬用ステーキをごちそうし、ぎゅっと抱きしめ、いつまでも撫で続けた。

 そして仕事を投げ出さずに火災を生き抜いた素晴らしい愛犬の姿ををフェイスブックでシェアし、「私たちの泥だらけの美しい犬」「誇り高き犬たち」とコメントした。

 2匹は現在、動物の英雄を称える賞の候補に上がっている。



ランドリーさんを責めるフォロワーも

 しかし「なぜ犬を置いて自分だけ逃げた?」の声が出るのも必然だ。犬たちを残してきたことを責める声も多かった。

 それについてランドリーさんはこうコメントしている。

 「私たちは彼らをとても愛しているし大切にしています。避難している間も2匹のことはずっと心配で、帰宅する許可を申請していましたが、火災の危険があるために拒否され続けていたんです」
 
 また、車に乗せなかったことに関しては「彼らは車を嫌がります。私の牧羊犬たちにとって信じがたいほどのストレスになります」と答えている。

 また、ランドリーさんが不在の間、2匹は完全に孤立していたわけではない。災害にあった動物を助ける救助隊の支援を受けていた。

 隊員たちは、置いてきた食料が尽きるのではないかと心配していたランドリーさんの代わりに彼女の家を訪ね、犬たちに新しい食料を与えてくれていたのだ。


いつもの暮らしに戻った2匹

 このあたりでは春から千件以上もの火災が起きており、膨大な範囲が焼けたため財政面にも大きな損害が出ている。そして今回の火災によって、今も4万5千人以上の人々が避難したままだ。

当時の火事の様子。被害は広範囲に及んだ
 

ランドリーさんの勇敢な犬たちの物語は国内外に広まりヒーローとなった。だが彼らにとってそんなことはどうでもよいことだし、知るすべもない。今までどおり、今日も淡々と羊の群れを管理する仕事を行っている。





うざくま3