3ccaa380

この画像をよ~く見てみよう。

どこかにヒョウが紛れ込んでいる。『木の枝にぶらさがってるのがそうじゃないの?』と思った、そこのあなた!

ざ〜んねん!!そいつはインパラでしたぁ!


 ヒョウは木にぶら下がっているインパラを今日のランチと洒落込むようだ。

 さあ、どこにいるのかわかるだろうか?




この写真は、ドイツ人のカメラマン、インゴ・ゲラルッハ氏が激写したものだ。下の写真をよくみてみよう。

25be5af9-s

*画像をクリックして拡大写真をみれるぞ。

木からぶら下がっているインパラはすぐにわかるが、背景に見事に溶け込んだヒョウを見つけるのはなかなか難しい。

 どうだい?見つかったかね。

木の幹の暗い色をよく見てみよう。


一体化しているヒョウが確認できるはずだ。

 
 まだわからないって?

正解は下の画像クリックで表示だ。

9c93ce7a

 完全なるヒョウの擬態の瞬間を撮影したゲラルッハ氏はこう語った。

ヒョウは木からぶら下がっているインパラの死体を食べるために木に飛び乗りました。シャイなヒョウなのか決定的な瞬間をカメラにおさめるまで5時間ほど待たなくてはいけませんでした。ヒョウを発見できたこと事態が幸運だといえますね。

擬態(カモフラージュ)はヒョウにとって非常に大切なことなのです。狩りの際、ヒョウはその身を隠し、獲物を狙います。獲物はガゼルだったり、レイヨウだったり、今回のようにインパラだったりします。しかし獲物がヒョウの存在に気付いた時にはもう遅いのです。





うざくま3